飼い猫だって夜行性 ~トラジと気ままな福猫達~

我が家のトラ顔トラジはいつまでたっても夜行性。なぜか私が寝ようとすると騒ぎだす。おかげで寝不足の日々。

トラジの変なところ①②③


f:id:toraji-nine:20200328113341j:image

トラジの変なところ

① ずーっと鳴いているところ。

  前に比べたら静かになったよね

  😃 やっと少し大人になった

  のかな。

② ずーっと鳴いているのにご飯を

  食べたいとき自分の餌場の前で

  きちんと座って、黙って

  お母さんに視線を送るところ。

  ・・そこ、鳴くところだから❗

  いつ気付くかなぁってお母さん

  を試すの、やめて下さい😿

③ 物を落としまくるところ。

  急須やら湯呑みやら、、、

  いくつ割りましたか? 

  お父さんは何故

  そこに置くんだろう⁉️ 

  トラちゃんはそんなの絶対

  見逃さないんだからね❗

  仏壇をメチャクチャにするの、

  やめて下さい❗

  たまにはキレイなお花も

  飾りたい😿 

  未だにお母さんは、つい、

  うっかりは許されない毎日です。

 

トラジの変なところ、次回に続く🐱

チャーの抜歯 その2

 

健診の結果、血液検査も特に異常なく、しいて言えば今後甲状腺に注意していく必要はあるかな、という程度だったので

抜歯するべきなのか決めきれないまま病院へ相談に。

 

「抜歯するのであれば今麻酔をかけられない条件は何もありません。今後のことも考えて全て抜歯します。」

え⁉️ 全て❓ 

ダメな歯だけだと思っていたら😔

本当に何も噛めなくなっちゃうんだ。

 

「猫ちゃん達はほとんど丸飲みしているから、最初は ん? って思うかもしれないですけどちゃんと対応できますよ。

むしろ自分の歯に対してアレルギーをおこしてしまうので残すことのリスクの方が大きい。またその歯がダメになったときに麻酔をかけられるかどうか。」

 

内臓が何でもないと聞いた時点である程度は手術を受けようかと思っていたけれど・・・ チャーちゃん、今のままではいつも痛いんだよね?

 

「今日このままお預かりして明日手術出来ますよ。もちろん急なことなので帰って検討されても構いません。」

とのことで、

もう悩んでいても仕方ない❗

お願いいたします❗

そう言って帰ろうとしたときキャリーの中ですごく焦っていたチャーの顔😿忘れられません。

いつもおっとりしていて何事にも動じないチャーがこんな顔するなんて。後ろ髪引かれる思いで病院をあとにしました。

 

翌日、午前中に手術が無事終わり😸

夕方面会に。もう一泊入院だったのですがチャーは何とかして私と一緒に帰ろうとしていました。


f:id:toraji-nine:20200310111422j:image

上の犬歯は二本とも中で溶けていて、上顎の骨まで溶けて薄くなってしまっていて、奥歯は歯石で二本の歯が一体化。

けれど、下の歯は丈夫すぎて抜けなかったとのこと。下も奥歯は歯石のせいで少し口内炎があり、それも痛かったのではないかと。きれいにしてレーザーもかけてもらいました。


とにかく無事に手術が終わって良かった😸  そして翌日退院したものの、その後暫くご飯との戦いになったのです。

 

下の歯が残ってしまったので今後ケアが必要になったのですが、口の中は全く見せてくれず😥 困ったものです。

 

チャーの抜歯 その1


f:id:toraji-nine:20200208170036j:image

チャーです。

時々カリカリを食べていて

ギャー❗

と言うことがあり、我慢してるのかなぁ

と気になっていました。

 

最近他の子がお世話になっている病院は歯科に力を入れていて、健診も今お安くなっているので相談に行きました。

 

先生がチャーの顔を見るなり、

「あれ?この子歯が悪くて鼻の横がぶくっと腫れてる。」

え⁉️

上唇をめくってみたら、ホント、

犬歯の根元が腫れてました。

 

健診はレントゲンやエコーで見る限りは異常なし。

この年齢でこの腎臓は立派。

そうなると抜歯した方がいいのかどうか。先生はダメな歯は出来れば綺麗にした方がいい、とのこと。

推定18才での麻酔の心配。

しっかりカリカリ食べる子でそのためか

めったに吐くこともない、噛めないことに慣れるのだろうか。

 

私の勘だと現状のままだと食べれなくなるのはそう遠いことではなく、その時に他の健康状態がどうなのか、今抜歯をしなかったことを後悔しないのか、

いやいや、食べれなくなってしまったらそれはそれで仕方がないのではないか

・・・・・

また今年も心配な年に😿

 

とりあえず血液検査の結果を待って決断することになりました。

曲がってたのね(*_*;

 


f:id:toraji-nine:20200111130953j:image

 

チャーちゃんのしっぽ。

ん? こんな根元から

曲がってたの?

曲がってたのは知ってたけど

先っぽだけじゃ😥

コの字じゃん❗

チャーちゃんがしっぽを立てて

歩く姿は見たことがなかったけど、

ただの癖だと思い込んでいた。

きっと意識して見てなかったんだね。

ブラシしても、あれ?とも

思わなかったんだから。

別にピンとしていても

曲がってても関係ないけど

ちょっとしっぽをピンと立てた

チャーちゃんも見てみたかったな😃

 

最近度々口が痛くなるようで。

早く病院行かなくちゃ。

もう年だから麻酔は怖い。

何とかなればいいけれど。

 

落ち着いた日々を


f:id:toraji-nine:20200102151754j:image

明けましておめでとうございます。

昨年色々ありすぎて、今年は穏やかにすごしたい

なぁ、とつくづく思っています。

年明けのお天気もとても穏やかだし。

 

お久しぶりのトラジです。

みんなが口内炎やリンパ腫でガタガタしている中、

トラジは元気で過ごしていました。

 

ところが11月に左後ろ足の太ももの裏側、お尻の下

辺りに何かぷっくりできていて(*_*;

嘘でしよ⁉️ 何これ⁉️ 悪いものじゃないよね⁉️

 

病院に行かなければ、と思うものの、

ポコのことで病院が怖くなってしまって。

病院に着く前に死んでしまうんじゃないかっていう

あの時の怖さがフラッシュバックして

どうしても足が向かず(。-ω-)

 

口内炎の子か転院したこともあって

そちらの病院に行こうか、とグダグダと悩み。

結局今までの病院に行って検査の結果、

ただの脂肪の塊でした。良かった。

 

そして、初ワクチンを打って来ました。

2日位すごく大人しくて、やっぱりワクチンって

打たない方がいいのかなぁと思ったけれど、

3日目の朝

ガシャーン❗とお皿を割って復活宣言( ´ー`)

ホッとしました。

でもその後やっぱり大人しいんです。

大人になったような雰囲気。

いつ落ち着いてくれるのかと不安だったけれど、

これはきっと落ち着いたのではないかと

期待しています。

 

トラジも他の自分の身の周りも全て

落ち着いた一年でありますように(^^♪

 

マーキングの克服


f:id:toraji-nine:20191215174301j:image

7年前我が家に来てからマーキングがひどく、ありとあらゆる所にマーキングしてしまうため、仕事場に隔離していた銀(茶白)。とても甘えん坊で何とか他の猫達と一緒にして甘えられる時間を増やしてあげようと色々と試しましたが、一向におさまらず

(。-ω-)

部屋はペットシーツを張り巡らしていても常に臭い状態。

カーテン、FAX 、パソコン等々、全てのものにマーキング。

どういう時にマーキングするのか観察の日々。

結局、結構なわがままで自分の思い通りにならないとマーキングしているようでした。

最後の手段と、先生に向精神薬を試したいと相談し処方してもらいました。

先生はトラジの時も向精神薬を使うことに反対だったのですが、今回は検討して下さいました。

効果はてきめん! 

最初は大人しくなりすぎて食欲も落ちてしまったので、少し量を減らして調整しました。

すぐにみんなとも一緒に居られるようになりましたが、写真左のキャンディーには顔を見るたびウーウーと唸られ、うっかりすると寝床も奪われ、ちょっと困っています。

薬の減らし方も難しく、今は1日おき位にしています。多頭飼いだと完全に防ぐことは難しいかもしれませんが、何とか現状維持出来ればいいなぁ(^.^)

7年間淋しい思いをさせました。

もっと早く薬を使えば良かったなぁ。

夜中に私を起こしまくる猫たちの中で朝まで熟睡してくれるいい子です(^^♪

 


f:id:toraji-nine:20191216104517j:image

内輪もめで剥げました( ´ー`)

ポコへ

 


f:id:toraji-nine:20191202164758j:image

 

ポコ もう苦しくない?

   もう痛くない?

 

ポコが逝ってから3か月が過ぎました。

お母さんはまだ辛くて...

 

ポコ いつもお返事してくれてありがとう。

ポコ 

いつも「お母さん大好き!」って言ってくれてありがとう。

ちゃんと伝わってたよ(^^♪

ポコ 

ずっとばあちゃんやチーちゃんのお相手してくれてありがとう。

お母さん、とても助かりました。

ポコ

「痒い痒いにはシーバがいいよ!」って教えてくれてありがとう。

お母さん、びっくりだったよ。

あれ以来痒くもなく、ハゲハゲも治って良かったね。

今ではひめ子も痒いのが治ったよ。

ポコ 

苦しい時に銀にいじめられちゃってごめんね。

お母さんの不注意だったね。

ポコ 

あの抗がん剤の注射、打ってしまってごめんなさい。

いつも病院で胸水を抜けばすごく食欲が出て元気になっていたのに。

あの注射の後は食欲がなくなっちゃったよね。

「お母さん、どうして?気持ち悪くて食べれないよ(泣)」

って言ってたのかと思うと可愛そうで。

無理な治療はしないって決めていたのに、なぜ、あの時、、、

あれがなければもっと生きられたんじゃないか、

信じていてくれたポコを裏切っちゃったんじゃないかって。

まだまだ涙が止まりません。

 

ポコ 

すぐにでも会いたいけど、うちにはまだまだ世話が焼ける子たちがいるから

お母さんも頑張らなければいけません。

もも、ペコ、チーと一緒に見守ってくれると嬉しいです。

ペコ・ポコと仲良しだったチャーちゃんはちょっと元気がなくなってしまったようで気がかりです。

チャーのことも見守ってあげてね。

 

ポコ

ずっとずっと大好きだよ。

たくさんたくさん、、、ありがとう!

 

ポコ 14歳9か月

令和元年8月30日

虹の橋のふもとへ